ブックタイトルFood Shop No.44 EQUIPMENT CATALOG2018.2019

ページ
10/414

このページは Food Shop No.44 EQUIPMENT CATALOG2018.2019 の電子ブックに掲載されている10ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

Food Shop No.44 EQUIPMENT CATALOG2018.2019

籐製品の別注は自社工場(国内)で作ります。パンはなぜ籐かごに入れるのでしょうか?籐の抗菌効果と衛生について籐はどんな植物?籐のバスケットの抗菌力評価試験を微生物研究所に依頼しました。結果は軽微ではあるが抗菌力があることがわかりました。また、籐かごを編んだとき、材料の細かいヒゲが表面に出ます。そのヒゲをガスバーナーで焼いて仕上げますので、衛生的です。油汚れは薄めた食器洗剤で手早く編目にそってブラシで洗い、陰干ししてください。漂白剤(ハイターなど)のうすめ液にザブンとくぐらせると、カビの発生を防止できます。また汚れ防止のために、できれば敷紙をおすすめします。古くからヨーロッパでパンかごとして使われてきた籐かご‥‥焼きたてのパンはたくさんの水分を含んでいます。少したつと余分な水分が蒸発して安定します。ところが容器に接する部分が水分の蒸発を妨げられ、いわゆるアセとなって、パンの底をふやかせてしまいます。籐かごはこのアセを吸収し、しかも余分に吸わず、パンや他の食品などもオイシイ状態を長時間保つ役目を四季を通じて果たすのです。早く、正確にお客さまのご要望通りの籐製品が作れるのが、よし与の特長です。金属との組み合わせも、全て自社で作れます。デザインについても、図面、試作がスグお出しできます。また、よし与のメリットは、木型なしで1コからでも別注品を安価に早く作れること。是非個性的なお店作りのために別注をご注文ください。スグお見積りいたします。籐(とう)RATTANは東南アジアで生育するヤシ科の世界最長のツル植物です。表皮は硬いトゲがあり原産地で各種の太さに調整し輸入します。ベージュ色のものが丈夫で、白すぎるものは、黒い籐をサラシたものでややもろくなります。R a t t a n O r d e r P r o d u c t s別注工房Original Order最近のベーカリーは、個性的なお店が増えてきています。店舗装飾からパンの型、焼き方、生地作り、技術などにそのお店独特の工夫とコンセプトがあり、他のお店と一線を画したアピールをされています。いちばん差別化がわかりやすいのが、店舗装飾とパンそのものを入れる容器やディスプレー。パンの味が最も大切なのですが、食べるまでわかりませんから、まず、購買動機となる店頭でのイメージ作りが大事となります。ぜひ貴店のイメージアップのためのオーダーメイドの什器、備品、容器のご採用をおすすめします。当社の別注籐かごは、国内の自社工場で当社の社員が作りますので、早く、どんな型でも、1コから木型なしでお造りします。なお、数量の多い1000コ以上の籐かごは、海外で作りますので納期が長くかかります。ご了承ください。8