ブックタイトルFood Shop No.44 EQUIPMENT CATALOG2018.2019

ページ
12/414

このページは Food Shop No.44 EQUIPMENT CATALOG2018.2019 の電子ブックに掲載されている12ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

Food Shop No.44 EQUIPMENT CATALOG2018.2019

枠付籐すのこ籐・耐水コンテナーフランスパンスタンド籐スタンド東京ショールームのご案内籐製品編み直しのお奨めリサイクルへの取り組み・・・東京ショールームで新商品をいち早くご覧いただけます・・・先ずは、ご連絡ください! 03-3444-4440Q. 新商品を見たいけれど?A. JR五反田駅前のショールームへお越しください。Q. ベーカリーを出店・改装する相談はできますか?A. 厨房備品・販売用品等のご提案・特注品のご相談もさせていただきます。Q. オリジナルの籐かご・籐すのこを作りたいけど?A. 1個からでも籐かご、籐すのこ(変形)をお作りできます。Q. カタログ掲載以外の商品の扱いはありますか?A. お探ししてお見積もりさせていただきます。お気軽にご相談ください。当社よりお買い上げの枠付籐すのこ・籐コンテナー等は編み直しができます。送料は元払いにて、よし与工房本社までお送りください。なお、納期及び価格についてはお問い合わせください。編み直しのお奨め商品よし与工房はプラスチック製品でも地球環境への配慮を大切に考えています。当社よりお買い上げの古くなったプラスチックトレー・取り皿はよし与工房本社へお送りください。資源として再利用します。送料は元払いにてご返送ください。※ご注意:溶接はずれ、メッキ・塗装のし直し等は別途費用と日数を要します。現品確認のうえご連絡させていただきます。メラミン製食器は粉砕し精密部品のバリ取りや、自動車・航空機の塗装剥離用のブラスト材に利用されています。また、近年メラミン食器のリサイクルシステムが開発され、エコマークの認定を受けた「再生メラミン製品」が誕生しております。リサイクルシステムの方法メラミン食器/マテリアルリサイクルFRPトレーは指定の業者が引き取り、リサイクル工場で粉砕され、セメント焼成用原燃料に活用されます。燃焼後の灰は、セメントの原料に利用されます。FRP トレー/マテリアルリサイクル・サーマルリサイクル株式会社よし与工房 東京ショールーム住所 東京都品川区東五反田5-25-19東京デザインセンター2F1)マテリアルリサイクル廃品を溶融して二次製品を成形したり、粉砕し直接または他の物質と混合して利用する方法。2)サーマルリサイクル紙くずや木片などと混合して固形燃料としたり、直接燃焼して熱回収することで熱利用する方法。10 ショールーム・編み直し・リサイクル