ブックタイトルFood Shop No.44 EQUIPMENT CATALOG2018.2019

ページ
186/414

このページは Food Shop No.44 EQUIPMENT CATALOG2018.2019 の電子ブックに掲載されている186ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

Food Shop No.44 EQUIPMENT CATALOG2018.2019

184お店が目立つ店頭のぼりPOP,Price Card“焼きたてパン”HF-20-GX\2,800●●60cm×180cm●●テトロンポンジ●P※のぼりのみOP・プライスカード“焼きたてパン”HF-20-OX\2,800●60cm×180cm●テトロンポンジ※のぼりのみ“焼きたてパン”HF-20-YX\2,800●60cm×180cm●テトロンポンジ※のぼりのみ“焼きたてパン”(レンガ)HF-20-CX\2,800●60cm×180cm●テトロンポンジ※のぼりのみ“焼きたてパン”(赤)HF-20-RX\2,800●60cm×180cm●テトロンポンジ※のぼりのみ“焼きたてパン”HF-2152\2,800●60cm×180cm●テトロンポンジ※のぼりのみ“フレッシュベーカリー”HF-666\2,800●60cm×180cm●テトロンポンジ※のぼりのみ“手づくりパンの店”HF-20-EX\2,800●60cm×180cm●テトロンポンジ※のぼりのみ“天然酵母種パン”HF-274\2,800●60cm×180cm●テトロンポンジ※のぼりのみ“米粉パン”HF-3252\2,800●60cm×180cm●テトロンポンジ※のぼりのみ“手作りですサンドイッチ”“CAKE”HF-351 HG-103\3,200 \2,800●60cm×180cm●60cm×180cm●テトロンポンジ●テトロンポンジ※のぼりのみ※のぼりのみ豆知識パンの日って?日本人ではじめて本格的にパン製造を行ったのは、伊豆韮山の代官であり、軍学者でもあった江川太郎左衛門です。江川太郎左衛門は師に当たる高島秋帆の従者で、長崎のオランダ屋敷に料理方として勤め製パン技術を覚えた作太郎という人を自宅に呼び寄せパン焼き窯を作り、1842年4月12日、記念すべき「兵糧パン」第1号が焼き上げられました。いわば4月12日が日本のパン発祥の日であることから、毎月12日が「パンの日」とされています。掲載価格には消費税は含まれておりません。